独身者の8割以上は、結婚願望があります

昨今、「独身男女の半数以上は、交際相手がいない」という実態があります。
独身者は、自分の結婚について、どのように考えているのでしょうか。
国が調査した結果、35歳未満の独身者のうち、男女ともに8割近くが「いずれ結婚するつもり」と答え、一生結婚するつもりがない独身主義者は、たった1割以下でした。

また「1年以内に結婚したい」という独身者は、わずかながら増加傾向にあり、結婚の先延ばし感が薄らいでいます。
このデータから考えると、「自然な出会いを待って結婚する」という姿勢から、「結婚するなら婚活すべき」という、独身者の攻めの意識が見られます。
「結婚はしたいけど、結婚を希望する異性との出会いがない」というあなたは、よりよい相手と出会うために、今から婚活を始めましょう。

世間では、少子化や晩婚化などの問題が多くあげられていますが、それでも出会いのチャンスを求める独身者が増えています。
近年では、出会いの減少が特徴であり、コミュニティ内の恋愛が年々減少傾向にあります。
インターネットやSNSの普及が原因とされていますが、今後さらに恋愛結婚の割合は低下するでしょう。
自然な出会いが減少する中、街コンや婚活パーティに参加するなど、ご自身に合った婚活が必要となります。
「自然な出会いの恋愛結婚は20代まで」と、言われるように、結婚を考えるあなたにとって、気軽に参加できるパーティなど積極的に参加してはいかがでしょうか。